Windows8導入

Windows8導入

なんとなく去年買ってきてきてLinuxで使っていたマシンに SSDを買ってきてWindows8をインストールしてみた。

UEFIインストール

UEFIインストールしたほうが起動が早いらしいのでやってみた。

  1. 起動してdelボタンを押して設定画面に入る
  2. その状態でインストールROMを挿入
  3. 起動メニューからUEFIの方のROMを選択
  4. 数秒間 ROMから起動するならなんか押せ と表示が出るのでその間にEnter
  5. WindowsではなくASUSのロゴが出て起動すればUEFIモードでの起動に成功

あとはロムの指示に従ってインストールする

インストール後の環境

最近cygwinからPowerShellに移住しようとしているので、 cuiはPowerShellで。 まずは、PowerShellの権限変更。 PowerShellを管理者権限で起動して、

> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

Chocolatey

PowerShell版のapt-get的なChocolateyをインストールする。 dos窓(powershellではない)を起動してサイトに書いてある通りにコピペ。

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%systemdrive%\chocolatey\bin

putty

powershell> cinst putty

vim

powershell> cinst vim

~/_gvimrc

colorscheme desert

set iminsert=0
set imsearch=-1
set visualbell t_vb=

~/_vimrc

colorscheme darkblue

set hidden
set nobackup

git

powershell> cinst git

PowerShellの起動スクリプトにパスを追加

powershell> mkdir $HOME/Documents/WindowsPowerShell
powershell> gvim $PROFILE

$env:PATH+=";C:\Program Files (x86)\Git\bin"

これでgit付属のssh等にPathが通る。 とりあえずEditorとGitが手に入った。 まだまだ色々とインストールせねばならんな。

comments powered by Disqus