cygwin

cygwin上のxorg上のtermで日本語を表示する
cygwin上のxorg上のtermで日本語を表示する cygwin版のxorg上のxtermで全角文字が微妙にずれる件との戦い。 .Xresourceで関連すると思われる項目。 XTerm*cjkWidth : true XTerm*forcePackedFont: false スクロールが発生した時に全角文字の間にスペースが入る問題 ls等でスクロールが発生した時に表示が乱れる。 XTerm*jumpScroll: false で解決したっぽい? screenの中でも同様の問題がw $ screen --version Screen version 4.02.01 (GNU) 28-Apr-14 どうも根深いらしくxtermを断念。 urxvtで頑張る .Xresource #define INCONSOLATA xft:Inconsolata:style=Medium:pixelsize=16,xft:メイリオ:pixelsize=18 urxvt*font: INCONSOLATA urxvt*boldFont: INCONSOLATA こういう感じで半角用の次に続けて全角用のフォントを指定することでうまくいった。 urxvtの中からscreenやtmuxしてもスクロール時に文字間隔が開く現象は出なくなった。

gvimのためにcygwinでxorg導入
gvimのためにcygwinでxorg導入 環境をcygwinに変えたらシンボリックリンクを使えるようになった。MSYSの時より綺麗にdotfilesの共有ができるようになったのだが、引きかえにWindows版のvimの設定が読みこめなくなってしまったw。 ということでcygwin版のgvimをインストールすることにしたのだが、こいつはxorgに依存していたのであった。 xtermの環境設定からだ xorgを使うことにしたので勢い余ってtermもxtermにしますかということで設定してみる。 まずはfont設定から。 cygwin版のxtermはトゥルータイプフォントを表示できる。使えるようにするには、 ~/.fontsディレクトリにttcファイル等を配置するだけだ。 MSゴシックの場合こうだ。 $ cd $ mkdir .fonts $ cd .fonts $ ln -s /cygdrive/C/WINDOWS/Fonts/msgothic.ttc 半角用にInconsolataも用意した。http://levien.com/type/myfonts/inconsolata.html $ ls .fonts Inconsolata.otf msgothic.ttc $ fc-match.exe Inconsolata Inconsolata.otf: "Inconsolata" "Medium" $ fc-match.exe gothic msgothic.ttc: "MS ゴシック" "Regular" フォントを指定してxtermを起動してみる。 $ DISPLAY=:0 xterm -fa "MS ゴシック" 文字の隙間が広すぎでよろしくない。 半角フォントと全角フォントを別々に指定するべし。 $ DISPLAY=:0 xterm -fa "MS ゴシック" -fd Inconsolata いい感じだ。 これを設定にするには、 ~/.Xresources XTerm*renderFont: true XTerm*faceName: Inconsolata XTerm*faceNameDoublesize: MS Gothic XTerm*faceSize: 12 xorg起動時に自動的に読みこまれるようにするには、

cygwinの導入とgit最新版のビルドまで
cygwinの導入とgit最新版のビルドまで しばらくWindows上のメインのshellをmsysgitのbashにしていたのだが、 久しぶりにcygwinに回帰した。 知らない間に環境が良くなっているじゃないの、ということで初期導入手順メモ。 既存のcygwinを掃除 “C:/cygwin”にインストール済みだが、 download済みのパッケージくらいは置いておこうということで以下のファイル/ディレクトリ 以外を削除した。 c:/cygwin + setup-x86.exe + http%3a%2f%2f... (パッケージのダウンロードディレクトリ) + etc/ あとetc/setupも削除。 これでクリーンな状態になるっぽい。 以降、 http://tar.blogru.me/entry/2014/03/20/004156 の通りにgitのビルドまで遂行。 cygwinセットアップ setup-x86.exeを実行。wgetとgitを追加インストール。 apt-cyg導入 $ mkdir -p /usr/local/src $ cd /usr/local/src $ git clone https://github.com/transcode-open/apt-cyg.git $ cp apt-cyg/apt-cyg /usr/local/bin/ 最新版gitのビルド ビルドに必要なもの install.sh set -x apt-cyg install gcc-core apt-cyg install make patch vim apt-cyg install libncurses-devel openssl-devel readline libsqlite3-devel libxml2-devel libxslt-devel apt-cyg install autoconf zlib zlib-devel libiconv python openssh tcl apt-cyg install gettext-devel apt-cyg install curl libcurl-devel ビルド