express

Socket.IOな実験環境
Socket.IOを実験する環境のメモ。 Expressは、serve-staticで静的なファイルのhostingが目的兼後で拡張できるように coffee-scriptは無しでES6要素をなるべく入れる Socket.IOを手早く展開するのが目的なのでtypescriptは抜きにしようと思ったが、無い方がつらいので矢張り入れる https://github.com/ousttrue/sio_sample Project生成 > mkdir sio_sample > cd sio_sample sio_sample> npm init -y sio_sample> npm install gulp gulp-load-plugins gulp-nodemon browser-sync -D sio_sample> npm install express socket.io body-parser method-override connect-logger errorhandler serve-static --save vscodeでes6を使えるように jsconifg.json { "compilerOptions": { "target": "ES6" } } 後で拡張できるように以下のようなディレクトリ構成にする。 build <- srcから(加工して)コピーされる src <- 加工前のファイル置き場 + server + app.js + client + index.html + index.js src/server/app.js "use strict"; const http = require('http'); const express = require('express'); const port = process.

MongoDBでCRUD
“シングルページWebアプリケーション”に説明されている mongodbをバックエンドに、node.js + expressをフロントエンドにする構成のおさらい。 MongoDB <-> node.js Express <-> Browser グローバルなnpmパッケージ > npm install -g gulp typescript tsd bower Windowsの場合、 %USERPROFILE%\AppData\Roaming\npm にインストールされるのでパスを通しておく。 Expressの準備 app.js > mkdir mongocrud > cd mongocrud mongocrud> npm init -y mongocrud> npm install express --save // app.js var http=require('http'); var express=require('express'); var port=process.env.port || 3000; var app=express(); var server=http.createServer(app); app.get('/', function(request, response){ response.send('Hello Express'); }); server.listen(port); 起動 > node app.js http://localhost:3000 で動作を確認する。