linux

GentooでBluetooth
GentooでBluetooth Gentooでbluetoothを使う。 http://wiki.gentoo.org/wiki/Bluetooth dmesg [22782.149236] Bluetooth: Core ver 2.16 [22782.149244] NET: Registered protocol family 31 [22782.149245] Bluetooth: HCI device and connection manager initialized [22782.149252] Bluetooth: HCI socket layer initialized [22782.149254] Bluetooth: L2CAP socket layer initialized [22782.149255] Bluetooth: SCO socket layer initialized [22782.151467] Bluetooth: BNEP (Ethernet Emulation) ver 1.3 [22782.151469] Bluetooth: BNEP filters: protocol multicast [22782.151475] Bluetooth: BNEP socket layer initialized kernel HCI USB driver (btusb) を有効にする。

Gentooでネットワークインターフェースがeth0にならない件
Gentooでネットワークインターフェースがeth0にならない件 最近インストールしたAMDのオンボードEtherと、MacBookAirのUsb Etherが共にeth0にならなかった。 AMD機では、/etc/init.d/net.eth0 startが失敗するのでなんでかと思ったら違う名前になっていた。 # ifconfig -a enp3s0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500 eth0ではないので/etc/init.d/net.eth0ではなく/etc/init.d/net.enp3s0とする必要があった。 /etc/conf.d/netも書き換え。 MacBookAirでも違う名前になっていた。 # ifconfig -a enp0s29f7u1u1: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500 とりあえずシンボリックリンク/etc/init.d/net.enp0s29f7u1u1を作って接続することはできたがちょっと調べてみることにした。 udevinfo なんかudevinfoが見つからぬ。 http://www.gossamer-threads.com/lists/gentoo/user/174113 によるとudevadmになったらしい。 # udevadm info -a /sys/class/net/enp3s0 で情報をとれた。 参考:http://www.ice.is.kit.ac.jp/~umehara/misc/comp/20060408.html gentooのudev設定 http://www.gentoo.gr.jp/transdocs/udevrules/udevrules.html#example-iface /etc/udev/rules.d/myether SUBSYTEM="net", ATTR{address}=="XX:XX:XX:XX:XX:XX", NAME="eth0" 書いてみた。最近のudevではSYSFSはATTRになったぽい。 test # udevadm test /sys/class/net/enp3s0 うまくいかぬ・・・ # cd /etc/udev/rules.d # mv myether 50-ether.rules 有効なファイル名が決まっていた。 test # udevadm test /sys/class/net/enp3s0 unknown key 'SUBSYTEM' in /etc/udev/rules.

hwclockの設定
hwclockの設定 起動時のエラーメッセージ Failed to sync clocks に対処する。 ずっと以前からいつも出ていたような気がするが気が向いたので調べる。 発生源はhwclock。 # hwclock Cannot access the Hardware Clock via any known method. Use the --debug option to see the details of our search for an access method. 参考:http://www.yamasita.jp/linkstation/2010/06/100620_post_276.html /dev/rtcが無いことがわかった。 カーネルを再ビルドだ。 によると下記のように設定せよと書いてあるがそれらしきオプションが見つからない。 Character devices ---> [ ] Enhanced RTC General setup ---> [*] Support for /dev/rtc 設定の位置が変わっている。大雑把に以下のような感じ。 DeviceDrivers Character Device [ ] Enhanced RTC RealTimeClock [*] Support for /dev/rtc カーネルをビルドして再起動したらエラーメッセージが出なくなった。

alsaとかpulseaudio設定
alsaとかpulseaudio設定 gentooの音周り http://www.gentoo.org/doc/ja/alsa-guide.xml alsa # lspci | grep -i audio 00:01.1 Audio device: Advanced Micro Devices [AMD] nee ATI Trinity HDMI Audio Controller デジタル出力から鳴らす。 カーネル的には’Intel HD Audio’になるがgenkernelで組み込み済みの様子。 # emerge -av alsa-utils # rc-update add alsasaound default userをaudio gorupに入れて再ログイン。 $ alsamixer [F6] HD-AUDIO genericを選択して[m]でミュートを解除 音の出るアプリで動作確認 pulseaudio 一度に音の出るアプリがひとつだと不便なのでpulseaudioを導入してみる。 http://wiki.gentoo.org/wiki/PulseAudio USEにpulseaudio追加 # emerge --ask --changed-use --deep @world # emerge -av pavuconrol pavumeter userをpulse gorupに入れて再ログイン。 pavuconrolで出力のミュート解除 リモートのpulseaudioで音を鳴らす USEにavahi追加 # emerge --ask --changed-use --deep @world # rc-update add avahi default # emerge -av paman paprefs padevchooser

xorgインストール
xorgインストール gentooにxorgをインストールする The X Server Configuration HOWTO http://www.gentoo.org/doc/en/xorg-config.xml /etc/portage/make.conf INPUT_DEVICES="evdev" # echo "x11-base/xorg-server udev" >> /etc/portage/package.use # emerge -av xorg-server # env-update # source /etc/profile fglrx http://wiki.gentoo.org/wiki/Fglrx AMD A10 向けにfglrxドライバ # cat /proc/cpuinfo | grep model model name : AMD A10-5700 APU with Radeon(tm) HD Graphics # lspci | grep -i vga 00:01.0 VGA compatible controller: Advanced Micro Devices [AMD] nee ATI Trinity [Radeon HD 7660D] kernel作り直し [Direct Rendering Manager]を無効にする。

Gentoo再構築
Gentoo再構築 gentooのルートファイルシステムに10Gを割り当てていたのだがいつのまにかディスクフルになってしまった。 portageとhomeをmountしていたので大丈夫かと思っていたのだが意外と容量を使ってしまっていた様子。 いろいろインストールしすぎなのかもしれぬ。 とりあえず/var/logの大きいファイルをxzして急場を凌いだが、 パーティションの割り方の都合で拡大できないので新しく作り直すことにした。 作業記録。 ファイルシステム準備 # lvcreate -L 100G -n gentoo_root mygroup # mkfs.ext4 /dev/mygroup/gentoo_root # cd /mnt # mkdir gentoo # mount /dev/mygroup/gentoo_root Installing the Gentoo Installation Files ——————————————- http://www.gentoo.org/doc/en/handbook/handbook-amd64.xml?part=1&chap=5 stage3ファイルの取得と展開 # cd /mnt/gentoo # wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Gentoo/releases/amd64/current-stage3/stage3-amd64-20130516.tar.bz2 # tar xvjpf stage3-*.tar.bz2 portageは旧パーティションを流用 # mkdir usr/portage # mount /dev/mygroup/portage usr/portage /etc/portage/make.conf # These settings were set by the catalyst build script that automatically # built this stage.

Mir
Mir Waylandなかなか来ないと思ったら、Mirなる新しいのが進行中らしい。 http://cpplover.blogspot.jp/2013/03/ubuntumirunityqtqml.html QtでかつOpenGLESというのはちょうど興味のある方向性なのでヲチしていかねば。