ruby

Octopress整備
Octopress整備 Octopress整備。 続きを読むを入れてみた。 <!-- more --> トップがだいぶすっきりする。 カテゴリーリスト インストールしてみた http://tokkonopapa.github.com/blog/2012/01/04/octopress-plugin-for-categories-cloud/ 参考 http://gam0022.net/blog/2012/08/10/make-categories-on-otcpress/

Markdown形式メモ
Markdown形式メモ Octopressの記述形式であるMarkDown。 githubのREADME.mdの書式でもあるのでちゃんとマスターすべくメモする。 よく使うものを抜粋。 ローカルでプレビューする Octopressの場合は付属しているので要らないがgithub向けにローカルのレンダリングサーバを導入する。 https://github.com/metaphysiks/moo 以下のようにインストールした。 \$ pip install flask \$ pip install misaka \$ pip install pygments \$ pip install moo $ moo README.md と起動してでブラウズする。 もとのファイルを更新すると自動リロードされた。 REST apiで停止するスクリプト #!/usr/bin/env python import httplib2 http_client = httplib2.Http() http_client.request("http://localhost:5000", "DELETE") h1 # h1 もしくは h1 ===== h2 ## h2 もしくは h2 —- pre/codeblock // 4spaceでインデント int main() { } link URL直接 http://host/path/to/url タイトル付き This link

更にoctopressに引越し
更にoctopressに引越し また、引越し。 2012年11月26日にhatena diaryからtdiary on herokuに引っ越していたのだが、10回くらいで更新が止まってしまった。正直メンテしきれませんでした。hatenaに戻ろうかとも思ったが、ふとgithub pagesの存在を思い出した。github pagesにsphinxを入れる方向で準備していたらoctopressの存在を発見。なんかよさげなので入れてみた。sphinxも入れて技術ネタはそっちに整理して、こっちは普通の日記にしようかと思っている。