vim

vim環境整備
vim環境整備 Windows8でコーディングができるようにvim回りを整備する。 コマンドライン環境としてPowerShellを採用してそこからvim(gvim)する方向性。 前の日記を整理して書き直し。 PowerShellを使えるようにしてvimとgitをインストールする PowerShellを管理者権限で実行して以下のように実行する。 powershell> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned パッケージ管理として Chocolatey をインストール。dos窓で以下のように実行する。 dos> @powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%systemdrive%\chocolatey\bin powershellの設定ファイル作成する。shellの.profileに相当するファイル。 C:/Users/_USER_NAME_/Documents/WindowsPowerShell/Microsoft.PowerShell_profile.ps1 とりあえずwhichコマンド的な関数を書いておく function which([string] $command=$(throw "need command name")){ $Env:Path.Split(";") | %{ ls $_ 2> $null } | ?{ $_.Name -match "^$command" } | % { $_.FullName } } 改めてPowerShellを起動してchocolateyでvimをインストールする powershell> cinst vim gitも入れる。 powershell> cinst git cinstの実行直後はいろいろPathが通っていなかったりして使えない場合があるのでその場合はpowershellを再起動。