websocket

BrowserSyncのws設定を知らなかったせいでWebSocketのUpgradeがうまくいかなくてはまる
前から写経しながら読んでいる 「シングルページWebアプリケーション」がようやく終盤に差し掛かってきた。 Socket.IOで接続するところがあるのだけど、独自にgulpからbrowserSyncを使っていてWebSocketがupgradeできずにはまる。 Firefoxのconsoleにエラーが出て気になる気になる。 gulpfile.js gulp.task('server', ['nodemon'], function () { browser.init(null, { proxy: 'http://localhost:7000', port: 3000, ws: true // <- これが無いとTransportがpollingからupgradeできない }); }); なかなか気付けなかった。 その前に、socket.ioのnamespaceの指定でもはまってたのだが・・・。 しかし、この本は実にいい本だ。自分のWebの知識レベルにちょうどあっていて、昨今の技術をキャッチアップして行く足がかりに すごく役にたった。 この本が提唱する、 mongodb -> node.js + express + socket.IO -> JQuery な構成をベースにgulpによる開発環境と、typescript、mithril、bootstrapなんかを盛って行く路線で 寄り道しながら修行中。