wpf

SharpDX事始め
SharpDX事始め WPFとかDirectX11とかKinectあたりのAPIに慣れておきたいということで、 SharpDXの練習を始めた。 SharpDXのサンプルにDirect3D10/WPFHostというのがあるのだが、 Direct3D11版が無かったので練習がてら11で動くように改造してみた。 Direct3D10とDirect3D11の間の違いは少ないので変更箇所は少ないのだが、 ポイントがいくつかあるのでメモ。 Direct3D11でDeviceの一部の機能がDeviceContextに分けられた。DeviceからDeviceContextを取得するには、Device.ImmediateContextを使える。 Direct3D11でAPIからEffectが消滅した。SharpDXはこの機能をsharpdx_direct3d11_effects_x86.dllで提供しているのでこれを実行パスにコピーするべし。あとよくわからないが、CompileFromFileの第2引数には”fx_5_0”を指定するべし。”fx_4_0”だとエラーになる。適当にやってみたら動いたからよいものの謎。 とりあえずこれでWPF+DirectX11な開発を始められるで。 せっかくなので CodePlexにアップ。 https://wpfhost11.codeplex.com/ ちょっと、C#系のクンフーを高めて行こうかと。 追記 http://stackoverflow.com/questions/18912194/sharpdx-2-5-in-directx11-in-wpf SharpDXElement使えだと?